熱中症

 熱中症、日射病、熱射病?? 梅雨も明けて、夏本番です。 皆さん、この3つの違い分かりますか?日射病 炎天下での激しい運動などで大量に発汗し、体内の水分が不足することで起こります。 いわゆる脱水症状です。 あくびや全身の倦怠感の後に、めまいや頭痛、吐き気などの症状が出て、意識が混濁し、死に至ることもあります。 熱射病 高温多湿の環境下で長時間作業などをし、大量に発汗して塩分、水分が低下し、体温調節が出来なくなってしまいます。顔は青白く大量の汗をかき、皮膚が冷たくしっとりとした感じになります。体温は少し低下し脈が弱く、早くなります。めまいや吐き気を伴います。 熱中症とは日射病や熱射病などの総称で、熱けいれん、熱疲労なども含まれます。 どれも、30度以上の気温になると死亡率が急激に高まります。

予防

◎気温に注意

35度以上の環境下では、運動はしないようにしましょう。 朝や夕方でも発症する場合がありますので、十分に注意してください。 室内でも気温が高い場合は同じです。我慢せずにエアコンを使用しましょう。

◎水分補給に注意

暑くてのどが乾いてから水分を補給するのではなく、定期的にこまめに水分補給を行いましょう。

◎服装に注意

室内では軽装にし、素材も吸湿性、通気性の高い服を着用しましょう。 屋外では必ず帽子をかぶり、直射日光を避けるようにしましょう。

対処方法

 体がだるくなったり、気分が悪くなるなどの初期症状が感じられたら、すぐに涼しい場所に移動しましょう。 横になれる場合は、すぐに横になって下さい。足を少し高くするのも有効です。 
 体を冷やします。 首筋、脇の下、足の付け根の内側など、皮膚の下を流れる大きな血管を冷やします。流れる血液を直接冷やすのが効果的です。 冷やしすぎると低体温になってしまうので、震えたりしてきた場合は、冷やすを辞めて逆に毛布などをかけて下さい。 
 水分補給です。 スポーツドリンクなど塩分などが入った飲み物を飲みます。飲めない様な状態であれば、すぐに救急車を呼んで、点滴による水分補給を行って下さい。無理に飲ませようとすると、肺に入ってしまう恐れがあります。 体温調節機能が低い子供や高齢者の場合、より危険が高まります。十分に注意しましょう。 
 また、ペットにも注意してください。 犬などは汗ではなく呼吸によって体温調節をしていますので、人間よりも暑さに弱くなっています。 症状や対処方法は人間の場合と同じです。 暑そうにしている場合は扇風機で風を当てたりして、体温を下げて下さい。

環境省:熱中症〜思い当たることはありませんか?〜PDF

厚生労働省:熱中症を防ぐためにPDF

環境省:熱中症〜ご存じですか?予防・対処法〜PDF

農林水産省:農作業中の熱中症に注意しましょう!PDF

 

企画監修:株式会社ウエルシーライフラボ